トップ

ネット&読書探索の遍歴
by kaursh
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
スト突入と古田のサッカー批判?
a0024788_047387.jpg スト決行が今晩決まって、早速NHKの10時のニュースでインタビューを受けた古田会長はニュースキャスターのインタビューを受けて、「イレブンっていうのはなんだか嫌な数ですよね」と11という数のことを強く批判した。「だって、奇数でしょう。なんだか中途半端という感じですよ」と語気を強めた。近鉄とオリックスの合併で、12球団から11球団へ。確かにこの数はイレブンで試合をやるサッカーにとってはいい数字だが、Jリーグを対抗相手と考える野球からすれば、あまり良くない数字だ。

 とまあ、スト突入の話を見ながら思ったのだが、選手会の状況も先週よりはいくぶんいい状況になった。ライブドアが球団を持つ意志を固めて申請を行い、さらに、ライブドアとしてみればかなり脅威であるが、楽天がJリーグでヴィッセル神戸を運営してきた実績を背景に球界への参入を打診してきた。2つの会社が新規参入をしたいと表明したことで、合併で球団を少なくさせようとしている球団側に少し矛先が変わった感じだ。

 それにしても、選手会のストに対して批判的な人たちはおおよそ二つに分かれるように思える。第一に、単純に野球を愉しんでいる人たちの一部は合併問題なんかまったく眼中になくて、明日の予定が潰れることに不満げだ。合併なんかどうでもいいから、試合を見せろ、という意見。彼らは合併問題だけではなく、球団と選手会の存在について無知である。第二に、ストライキという言葉の響きに敏感に反応するタイプ。労働組合なんてくだらないから、選手会も同様。ストライキをするなんて、とにかくもっての他。
 だが、10時のニュースを見ていると、球場での応援は選手会に暖かかった。テレビ局や新聞の各社の報道はやはり合併問題でどちらの側につくのか、というそれぞれの会社の事情によって違ってくるところもある。そのあたりには注意すべきなのだろう。

 次のブログの記事で、セ・パ両リーグ誕生当時のことを書きます。。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-17 23:47 | スポーツ
<< セ・パ両リーグ誕生の歴史 スト権行使の懸念とオーナー会議の態度 >>