トップ

ネット&読書探索の遍歴
by kaursh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
報道ステーションの渡辺恒雄(ナベツネ)特集
a0024788_16582819.jpg どうせなら、ダークな部分をもっと取り上げて欲しかったが、これはやはり無理なのだろう。三宅は、なべちゃんのことを根はいいところもあるが、誤解されやすい、と説明していた。そんな一面として、野鳥好きで庭やベランダにやってくる小鳥をカメラで撮影するのが趣味。メジロの写真が写ってました。自宅バードウォッチャーでした。

 塩田丸男が久々に現われて、読売の同期で、記者一年生だというのに怒鳴り散らしてばかりいて、社長になるのだと豪語してたので、バカな奴だと思った、と感想を漏らしていた。このコメントが今日の中ではなかなかのもの。同期にはどんな人がいるのか、知りたいもんです。(本田靖春はアメリカ駐在のときに渡辺にうなぎをご馳走になった、と魚住本には書いてあった……。)あとは奥さんの写真が何度も映されていた。確かに美人。映像面ではいろいろと見れないものを見た気がする。高峰秀子のファンで、最近は「渡る世間は鬼ばかり」が好きらしい。

 大谷のコメントはどうでもよかった。もう少し内容のあることを話して欲しいとこ。あとは沖浦という渡辺を東大紛争の中心から追い出した人物が顔を見せていた。今回の特集の前半部分は魚住昭の『渡邊恒雄:メディアと権力』のような流れ。開成から東京高校へ進学しそれから東大へ。特集としても、もう少し、独自の追求をして欲しかったものである。原発話や中曽根ラインなどはほぼ触れられず。

[PR]
        by kaursh | 2004-08-16 23:49 | TV
<< 金メダルをゲットした塚原直也に... 「サー!」の福原愛VSミャオ・... >>