トップ

ネット&読書探索の遍歴
by kaursh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
元司祭ニール・ホランと首謀者
a0024788_1122032.jpg 眠れぬ夜の続いたアテネ・オリンピックの最後の事件は、(ドーピング疑惑のハンマー投げもあったが)なんといっても元司祭コーネリアス・ホラン(Cornelius Horan)が男子マラソンのコースに乱入して、トップで走っていたブラジルのバンデルレイ・デリマ(Vanderlei de Lima)選手に抱きついたという話。赤いスカートに緑の長めのソックスという奇抜な衣装での男の出現と熊のような老人が犯人を取り押さえようとしていたシーンは衝撃だった。デリマも優勝は逃したものの、銅メダルを獲得できて、まあ、一安心しました。このホラン元司祭はF1でも事件を起こしていたとなかなか話題をさらってしまう事になった。オリンピックも終わって、もうかなり前のことのような気がして、いまさらながらの話ではありますが、どっちかというと注目したのは次のこと。
 2chの実況版で、ホランの乱入で一気に活気づいたことは想像がつく。で、2chの熱狂の中で、この乱入事件のシナリオを書いたのは誰だったのか?2chの某スレでは、このハプニングをすでに予感していた。以前にもすでに、甲子園やF1や競艇なんかで出没を繰り返していたこともあって、ほんのかすかな期待をしていたことがあったのだ。なんか、面白い事でも起こらないかという人々が、コタツで休んでいた某X氏をたきつけて、ことを起こそうとしていたのである。本人もマラソンのために筋書きのないドラマを書いて準備していたが、……。こんな結末になるとは確かに予想できませんでした。
 マモノの威力に感動です。

ちなみに、F1の乱入映像はブログの「つれづれフォト日記」にあります。乱入から取り押さえまで、ニュース映像の前後が見れます。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-02 12:07 | ネット情報
<< 学校占拠事件と記者毒殺未遂疑惑... 三角コーナー撲滅運動 >>