トップ

ネット&読書探索の遍歴
by kaursh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:海外情報( 7 )
       
豚インフルエンザの発生源と噂の村ラグロリアとは。
豚インフルエンザの発生源ではないかと噂されているのが、メキシコのベラクルス州のラグロリアにあるアメリカとメキシコの大規模養豚場。近くの住民はそこが発生源ではないかと噂していたが、メキシコ当局は否定している。現在、ラグロリアで初期の段階で豚インフルエンザが発生していたという事実はメキシコ政府も認めているようだ。(デイリーテレグラフの記事より。)

どんな場所なんだろうと調べてみたら、Veracruz州のLa Gloriaというのが村の名前。2000人ほどの住民がいる小さな村だ。GoogleMapで検索してみれば、すぐにその地域の地図が現れる。たぶんここで間違いないと思われる。

GoogleMapでみるラグロリア村 - 碁盤目状の区画で、このどこかに養豚場があるということなのだろうか。……その後、いろいろと調べているが、La Gloriaという地名はいくつもあるようで、表示される場所がそのラグロリア村であるかは不明である。Peroteの東、Naolincoの南に位置するようなのだが、地図と養豚場との一致が確認できないでいる。

探してみると、アルジャジーラの5月2日のニュースが問題の養豚場の映像を写し、ベラクルス州知事Fidel Herrera Beltránへのインタビューも流している。


http://www.youtube.com/watch?v=HQcfNlUkdec

ちなみに、アルジャジーラが映していた養豚場の外からの様子が次の画像。かなり大規模であることがわかるが、この様子からGoogleMapの地図でそれらしきものがわかりそうだと思ったが、どれだかまったくわからない。

a0024788_0355092.jpg


アメリカの食肉業者大手のスミスフィールド社(バージニアが拠点、ウィキペディア英語版)が50%の株を保有する現地のGranjas Carroll社がこの養豚場を経営している。テレグラフの記事だと、907人の従業員がいて、6万匹の食用豚、50万匹の子豚を飼育している。この数を見る限り、かなり大きいのは確かである。

日本語の情報が不足していると思っていたら、Sasayama’s Weblogには、アメリカの会社の関与を予想させる詳細な記事がある。コロンビア大学の研究チームがウィルスの解析結果からどこからやってきたものかを推理しているらしい。多くの人たちがスミスフィールド社との関連を疑っていて、コロンビア大学の研究チームはスミスフィールド社がアメリカ国内で感染被害を出したウィルスと、今度のウィルスを比較しようとしているらしい。

-H1N1 Swine Flu - Google Maps

もう一つの詳しい記事はインディペンデント紙の記事「緊急リリース(H1N1インフルエンザの最初の犠牲者はチフス・メアリーか)」を翻訳したもののようだが、ラグロリア村で最初に発祥した女性について伝えている。マリア・アデラ・グレティエス(Maria Gutierrez)という39歳の税務調査官が村一帯に感染を広げてしまい、その後に彼女自身は死んでしまった。女性が彼女が原因でこの村の60パーセントが呼吸困難になり、1割が治療が必要な症状になった。この村は保険職員によって封鎖処置がされた。

追記:
La Gloriaの地域を探してみても、すぐ近くには問題の養豚場がない。どういうことなんだろうと悩んでいたが、どこで間違ったのか、あるいは、何かを読んで誤解してしまったのか、La Gloria村での豚インフルの発生と、養豚場が発生源という話は区別しなければならないのかと一度は考えてしまっていたが、やっと場所の特定ができたようなので報告しておく。
Granjas Carrollの養豚場はLa Gloria村の少し離れた場所に見つかった。どうやって答えにたどり着いたかを説明しておくことにしよう。どんな養豚場であるかは、La Gloria村の西側のPeroteという町に隣接している施設を見ることで、ようやく感じがつかめた。各種ニュースで報道されている建物と思われるものが下の地図で確認できる。次のものは問題の養豚場ではないが、とりあえず見て欲しいのは工場の形である。

Granjas Carrollの工場の位置 - GoogleMap

だが、これは問題の養豚場ではないのだが、その規模の大きさは地図で周囲を見てみるとわかる。Jのマークの位置にあるのと同じような工場が偏在しているのが確認できる。この工場の様子を覚えてから、もう一度、GoogleMapでみるラグロリア村に戻って、そこから西の方向、地図の左の方へと進んでいく。La Gloria村近くのGranjas Carrollの養豚場と思われる建物が見える。

メキシコシティ在住のBenedicte Desrusさんが問題の養豚場を撮影したものが、Flickrに出ているので、リンクを次に貼っておく。

La Gloria近くの養豚場

すぐ前に池が広がっているので、おそらくその場所であることがわかる。……念のために、もう少し南側の方まで地図を見ていたら、同じような施設が三つほど確認できた。うーん、どれであるかはちょっと結論は先延ばししておくことにしよう。
[PR]
        by kaursh | 2009-05-04 00:06 | 海外情報
ロンドンテロでの容疑者として射殺された男
a0024788_2562092.jpg
 7月7日と21日に起こったロンドン同時テロの後で、スコットランド・ヤードにとって悩ましいのは私服警官がテロ実行犯と間違って殺害したブラジル人青年の問題。私服警官の行動が正当なものだったと擁護してきたが、イギリスの報道では、警察が虚偽の報告をしてきたのではないかと指摘を始めたようである。

 ストックウェル駅の地下鉄車内で私服警官からの発砲で殺害されたジェアンシャルレス・ジメネゼス(Jean Charles de Menezes)。彼はブラジル出身でブリクストン在住の27歳の電気技師。当初は逃走したために、私服警官が発砲して殺害したと報じられていたが、新たな報道によると、ジメネゼスさんは実際には逃亡しておらず、電車のシートで座っている所に警官がやってきて、頭部に発砲して射殺した、というのだ。この他、7月なのに厚手のコートを着用していたとなっていたが、当時のジメネゼスさんは薄手のデニムの上下を着ていて、爆弾を装着するような服装ではなかった。
 警察苦情処理独立委員会(IPCC: Independent Police Complaints Commission)では、ジメネゼス射殺について調査するために、スコットランドヤードに資料の提供を求めているが、まだ実現していない。

最初のスコットランド・ヤードの発表だと:
・夏なのに厚手のコートを着ていて誤解されかねない格好をしていた。(格好からしてテロ犯という印象を与える)
・私服警官が静止したが改札を走り抜けていった。(テロを起こすための決死の行為っぽい)
・止まるように私服警官が声をかけたが、制止を無視して逃亡して、走り回った末に、取り押さえて射殺。(警官と容疑者の間の追跡劇が不幸な結末を招いた。あのとき止まっていればよかったのに)
・友だちとふざけあっていたので、間違われたのではないか?なんて報道もあり。(ブラジル青年の行動がバカだったと思える。間違った場合の抜け道?)

今回出てきた新情報:19日のロイターによると、ITV放送が現場の目撃証言や警察の内部情報から、ブレアによる事実隠蔽の可能性があると指摘した。こういう報道が出てくるあたりは面白い。ブレア警視総監に対抗する人々がリークしたのかもしれない。

・薄手のデニムの上下(爆弾を身につけてる様子は見たところナシ)
・定期券を使って改札を通過して、スタンドの新聞をのんびりと見ながら歩いていた。(まだ、のんびり尾行中)
・電車が来たので、地下鉄に急いで乗車してシートに座った。(電車に乗るときにはよくあること)
・そこへ後から飛び乗った私服警官がシートに座っていたジメネゼスに近づき、頭部に7発、肩に1発撃って殺害した。(私服警官は電車に乗り損ねそうになったのか?尾行に失敗しそうになったことで、気が動転した可能性アリ)
・その後、24時間テロ実行犯を射殺したと全員が思い込んでいた。(という弁明をしているが、かなり嘘っぽい。爆弾があったら大変なので、遺体の確認ぐらいはしているはず)

a0024788_2314575.jpg 思いつくところを挙げてみたが、よくわからないことが多い。私服警官は彼が爆弾を持っていると思っていたのだろうか?テロ実行犯だと思い込んでいながら、私服警官は自宅から追跡を始めて、地下鉄に乗り込むまで容疑者を放置している。テロを起こす恐れがあるなら、地下鉄のシートに腰掛ける以前に、身柄を確保したり、職務質問をするなどしておけばいい。そんなことをしたら実行犯はどんな行動に出るかわからない、ということで射殺したのかもしれないが、他の客が居合わせた地下鉄車内という最悪の場所で発砲したのもある意味で落ち度である。地下鉄の乗客たちに、いろいろと証言されることが考えられる。だが、1983年に発令されたshoot to kill policyによって、市民の安全確保のために、警官には射殺行為が認められている。この法律が適用されるということで、市民の前で射殺した……なんてことはあるのだろうか。
 爆弾を所持していないことはわかっていたが容疑者を射殺しちゃったのは、テロ実行犯ということで私服警官が相当にびびっていたという可能性もある。あるいは、その私服警官がとても勇敢であったので、テロ実行犯の予想できない行動をさせないために、暴走して、ついつい銃弾を浴びせてしまった。どこに真相があるとしても、おそらくお粗末な事実とその後の警察らしい処理が見えてくる気がする。
[PR]
        by kaursh | 2005-08-23 21:47 | 海外情報
暴動騒乱:オランダとコートジボアール
 アラファト関連の報道で一色になると思っていたら、ヨーロッパではオランダの暴動とコートジボワールでの軍事衝突という二つの事件が起こった。なんだか、どこの国も大変なことになりつつあるように感じてしまうほど。

a0024788_16583395.jpgオランダ暴動の発端は映画監督殺人事件。ロイターZAKZAKの報道によると、オランダでは、2日に印象派の画家ヴィンセント・ファン・ゴッホの遠縁に当たる47才の映画監督テオ・ファン・ゴッホ(1547.7.23-2004.11.2.)がモロッコとオランダの二重国籍を持つ男性に路上で殺害された。この監督は過激なことで知られていたようで、以前からイスラム社会に内在する問題を告発し、今年には「サブミッション」というイスラムの女性が夫から暴力を受ける短編映画を発表していた。ありのままのオランダ便り・森の国からには、彼の映画についてもう少し詳しく書かれている。この他、和蘭通信の記事の下のほうにある2003年3月10日の部分には『Najib & Julia』というドラマの紹介があり、また、和蘭通信のトップ(HPの上の和蘭通信をクリックすると行ける)には、11月2日の日付で、殺害事件に触れて、オランダの多文化社会を監督が批判していたことや、事件を受けて集会がおこなわれたことなどが触れられている。現地にいる日本人の声なので、状況がかなり伝わってくる。
 監督の侮蔑的な活動に対する報復として、イスラム過激派が事件を起こしたのだろう。だが、見ていると、テオ監督は結構若者にも人気があるようだし、辛らつだがそれなりに面白い作品を発表していたのかもしれない。まあ、ムーアのように、白人社会に反発するのではなく、オランダに入ってきた他の文化に対して批判的だったことは確かなのかもしれない。差別的であったのか、それとも、異文化であろうと率直だったのか、そのあたりがわからない。

この事件が衝撃だったのは、監督殺害の余波である。容疑者逮捕だけでは収まらずに、一部の人々が監督殺害の報復として、南部エインドホーベンのイスラム系小学校で爆破事件、モスクの襲撃が起こるなど、オランダ各地のイスラム系の多くの施設が襲撃を受けて放火される暴動が起こった。オランダ政府もこの事態に困惑して、事態を沈めようと必死。地元の人々もイスラムに対する怒りがこのような形で爆発するとは思わなかったのだ。

テオ監督の作品は日本の映画館では上映されていないが、TBSで1987年の青春映画「青春の影」(TERUG NAAR OEGSTGEEST・Jan Wolker原作?)が放映されたことがある。彼の2004年の映画には、「Cool!」と「06/05」があるが、リンク先の紹介はオランダ語のようで読めません!その風貌から、同様に過激な、一つ年上でデンマーク出身のラース・フォン・トリアー監督にちょっと似ているなあ、と思ったりもした。。

フランスの報道は、コートジボアールでの政府軍とフランス軍との武力衝突で、フランス兵が9人ほど死亡したことがトップ。滞在中のヨーロッパの人々が大量に出国している。コートジボアール政府はフランスの単独支配のような状況を脱したいと、国連に要請している。

世界情勢はめまぐるしいです。

追記:
オランダについての日本語のニュースはポートフォリオ・オランダニュースで最新のものも含めて順次紹介されている。テオ・ファン・ゴッホ殺害事件については、

 テオ・ファン・ゴッホ銃撃で死亡(2004.11.2.)
 テオ・ファン・ゴッホ殺害事件(2004.11.2.)
 ゴッホ射殺事件(2004.11.3.)
 ファン・ゴッホの死体に刺された手紙(2004.11.5.)
 Udenのイスラム系小学校が放火される(2004.11.10.)
 オランダのイスラム(2004.11.11.)
 ゴッホ殺人容疑者は、ネット掲示板に積極的投稿(2004.11.16.)

と、一連の記事が掲載されている。このニュースは芸能欄に入っているので、その前後には、フェイエノールトでの小野の活躍が報じられている。
[PR]
        by kaursh | 2004-11-11 17:11 | 海外情報
アラファト議長死去
a0024788_13473868.jpg ニュース速報で流れたように、あのヤセル・アラファト議長(1929-)が入院先のフランスの病院で亡くなった(CNN日本版)。武力闘争の末に、イスラエルとの和平交渉が進展してオスロ合意イツハク・ラビン首相と結んだ。それにしても、アラファト議長、彼の顔は一度見ると忘れられないいい顔である。極東ブログによると、1990年に、議長は34才若いスーハ・タヴィルと結婚(一番下の画像が二人の姿)。パリで幸せな様子も見せていたが、パレスチナ紛争のさなかということもあって、逆に妬まれてしまうということにもなっていた。とはいえ、やはり軟禁状態なので、他の市民に比べていい環境にいたとしても、楽な仕事をやっているわけではない。今となってはこんな非難の声も忘れられてしまうのだろう。

a0024788_144493.jpgアラファト議長はヨルダン川西岸のラマラ自治区で軟禁状態にあったが、11月27日には意識を失うなど病状が悪化していた。11月29日にパリ南西のペルシー軍病院に移送。祖国を離れる際に、衰弱の激しい様子ながらもアラファトは笑顔で浅い後の挨拶をしていた。入院後には、死亡説や危篤状態などがささやかれるなかで、パレスチナ側はイスラエル政府との間で埋葬先をめぐって協議していた様子である。現在の情報では、今日11月11日早朝にペルシー軍病院で死亡が確認され、パレスチナ高官も死亡を認めた。イラク情勢も大変だが、パレスチナ情勢のほうも先が見えなくなってきている。3月22日には、イスラエル軍が武装ヘリでハマスの精神的指導者ヤシン師を暗殺。これでパレスチナの二つの巨星が消えてしまったことに。

a0024788_13562541.jpgアラファトは1958年に抵抗組織のファタハを結成し、69年からはPLO(パレスチナ解放機構)議長に就任。この武力闘争の時代に、アラファトは不運にもヘリか飛行機で墜落したことが2回ほどあるが、そのたびに奇跡の生還を遂げた(確か他の乗員はほとんど死亡)。そこから不死身伝説まで囁かれた。この時期のアラファトは濃いヒゲでサングラスをかけたりして、強面だった。よく見ると笑顔はおんなじだが、最近のやさしいイメージとはかなり違って、やはりどこか怖そう。(パレスチナの歴史についてはこちらが地図つきで詳しい。結構面倒な歴史だが、イスラエル国家樹立以来の中東の混乱が見えてくる。)

a0024788_15283080.jpgパレスチナ自治区は無政府状態のまま、イスラエルの弾圧に抵抗して、1987年12月にガザ地区と西岸地区では自然発生的に投石運動が広がった。これがインティファーダ。十分な武器も兵力がなくとも、イスラエル軍に対する投石運動は大きな脅威となって、アラファト議長をパレスチナに受け入れることになり、さらには、和平交渉まで進んだという経緯がある。ブッシュが再選したことで、ネオコンつながりのシャロンの政権もしばらくは安泰そうなので、パレスチナ側の再出発がどうなるのか。。PLO議長にはアッバスが後継になった。また、アラファトが握っていた巨額の公金の行方が問題となる(スーハ夫人も絡んで複雑)。

Baka Diary Must Go On!! - ロンドン帰りのバカ日記では、アラファトが篠原涼子と似ていると指摘されてました。うーん、確かにちょっとどこかが似てるような気がします。

ヨーロッパでは、テオ・ファン・ゴッホ監督殺害事件の余波とコートジボワールの騒乱でアラファトの話もトップではなくなっている。その記事の方もどうぞ。
[PR]
        by kaursh | 2004-11-11 14:19 | 海外情報
アメリカ不正選挙の疑惑
a0024788_14525344.jpg オハイオ州での敗北が決定的なことを知って民主党のケリー候補は敗北宣言をして、ブッシュには二つに分裂したアメリカの将来について協力していこうと電話連絡をした。だが、その後の報道では、不正選挙疑惑が高まっている(ケリーは何でそんなに早く見切りをつけたのか!)。毎日新聞が不正選挙疑惑について発表したことは評価すべきだろう。他の新聞社などはあまりこのことに触れていないのだ。田中宇のアメリカで大規模な選挙不正が行われている?でかなり紹介されている。前回のフロリダでは、共和党は黒人有権者の30%を剥奪してまで選挙に勝ったので、今度はさらに電子投票という証拠隠滅型の選挙対策を行った。
 前回選挙のこうした不正選挙の実態はマイケル・ムーアが以前から指摘していたことでもあるので、先刻承知という人も多いだろう。それならば、今回の大統領選関係でもっと詳細な情報については暗いニュースリンクお薦めです。リンクは11月の記事)というのが驚くほど詳しい。共和党員による不穏な動きや、ブッシュの背後関係について、映像を含めて幅広い情報が集められている。出口調査と得票結果の大きな差をCNNまでもが誤魔化していたということだ。こういうのを見ていると、日本の選挙はまだまだ健全だといいたくなるし、台湾の総統選挙だって、アメリカに比較したらぜんぜんまともである。

 マイケル・ムーアの本国の公式サイトは、選挙後長い間沈黙していたが、アメリカを逃れてカナダへ移ったほうがいいかも、ということで、カナダ「合衆国」という北米の地図を出していた(現在はファルージャの負傷した幼児の映像。これは見ても平気です)。ちなみに、町田智浩アメリカ日記では、イラク戦争の戦死者の画像を掲載した事で、だれかがブログを運営するはてなにクレームを出した。はてなはそのことから画像削除依頼メールが到着。11月6日の記事はそのことが書かれていて、さらにコメント欄が混乱状態になっている。

追記:
出口調査と投票結果の違いがブログのbriochesの11月9日の記事の中で引用されている。全米規模の投票操作の実体がわかります。
[PR]
        by kaursh | 2004-11-09 14:54 | 海外情報
ウランバートルのハエの恐怖
a0024788_2122035.jpg海外に行くと、地域によってハエが大量に発生していても、まあ、仕方がないという気持ちになってしまう。だが、ウランバートルのハエについては要注意。外務省の2004年10月14日の報告によると、日本人がモンゴルの首都ウランバートルに滞在中に眼球にハエが衝突。その瞬間に、ハエが120~150個のウジ虫をびびっと噴射するのだ。このハエは産卵するんじゃなく、ウジの状態で最初から産み付けてしまう。卵胎生というタイプはヘビなどでは聞いたことがあったが、ハエでもいたのだ。このハエの学名はWohlfahrtia magnificaといって寄生バエとして有名らしい。ウジ虫だから8から10日で成長と早いので要注意。北アフリカ、地中海沿岸、ロシアに生息している。海外伝染病発生状況によると、2001年には、モロッコで発生した。

アフリカの映像ではよく、人々にハエが大量にたかっていても、平気な顔でいる様子があるが、そんなのんきなことは言ってられない。怖いもの見たさで、Wohlfahrtia magnificaでイメージ検索してみたが、何もなかった。野外における危険な生物たちに怯えながらも、その脅威の生態にひきつけられてしまう。

[PR]
        by kaursh | 2004-10-18 21:22 | 海外情報
数日前に北朝鮮大爆発
(注意:あとで確認した所、二つの画像は大爆発を写したものではないことが判明しました。)

ラジオの速報で、核爆発である事をアメリカが否定している報道を耳にした。中東地域での事件なのだろうかと思ったが、北朝鮮の北部の中国国境の近くの両江(リャンガン)道の金亨稷(キムヒョンジク=金正日の祖父の名前)郡、嶺底里(ヨンジョリ)付近で大爆発が起こったらしい。軍需工場も多数あるし、鉄道も通っているので、どこで爆発が起こったかの詳細は不明。下図がその爆発の衛星画像。(補足:画像2とは爆発の場所が異なっているので、オレンジの矢印の雲は爆発の物ではない。…この画像と爆発の関係については議論の余地があります。その左斜め下の白い雲がその位置に当たるようです。
a0024788_22425613.jpg
アルカイダやチェチェン独立派がそのうち核兵器の使用も考えられるので、もしかしてと思ったが、最悪の事態ではなかったことに安心する。9月9日の出来事だったらしい。連続波形画像 【24時間プレビュー】その日の地震計は爆発の振動を捉えていた。韓国政府高官はリョンチョン駅の爆発事故の三倍は大きい爆発だったとコメントしている。高英姫がパリで亡くなったということもあり、北朝鮮は後継者争いが再燃しているのではないか、と噂されていた。9月9日は北朝鮮の建国記念日。もしかすると、北朝鮮の政情不安が原因かもしれない。EuroNewsでは、現地の映像が掲載されているが、画像が小さくてよく見えない。
さらに、爆発がキノコ状になっている事を予感させる画像2。こういう画像が世界各地に起こらないことを願いたい。
a0024788_23135656.jpg
爆発の中心地から放射状に爆風が広がっている様子を見ることができる(真偽の程はわかりません)。この大きさからすると、日本政府からマスコミへと情報が広がっているのではないかと思うが、プロ野球のスト問題で紛糾していたので、取り上げられなかった可能性がある。サンデープロジェクトで取り上げていたら、田原総一朗も自慢ネタが増えたのに、残念である。

gooニュースによると、前回の列車事故では、国際的な支援を北朝鮮政府が求めたが、今回はそうした要請を行っていない。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-12 22:42 | 海外情報