トップ

ネット&読書探索の遍歴
by kaursh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:TV( 22 )
       
紳助・吉本・ジャニーズ
a0024788_1421650.jpg テレビ出演タレントの中核を占める吉本とジャニーズ。今年はこの二つの会社で問題が生じたが、その後の反応はかなり違っている。春のジャニーズ裁判はTV出演のない社長のホモ疑惑ことだったのでほとんど報じられることなく、漠然と噂は感じていても、その詳細はジャニーズや芸能界に詳しい人ぐらいしか耳にしたことがない。これに対して、今度の暴行事件は司会で大忙しの島田紳助(本名、長谷川公彦)だけに2日ほど報道を遅らせることはできたものの、イラク人質事件報道と共にTV各局は仕方なく紳助の暴力の実態に触れ、涙会見で視聴者の反応を静観することとなった。ところが、女性マネージャーの弁護士が横山ノックを打ちのめした有名女性弁護士ということもあって、10日の謹慎での復帰も危ぶまれている(ノックの事件については『知事のセクハラ私の闘い』)。果たして強行出演させることができるのだろうか?ちょっと見ものである(★てれびまにあに弁護士や反応について説明アリ)。

 紳助の暴力沙汰は過去にもいろいろと起こっていて、スッチー相手、彼のレーシングチームの内部での暴行、自分の娘を負傷させるなど、明るみに出てるものも多い(2chのスレッド「【芸能】島田紳助 女性マネジャー側には謝罪なし★2」などを見てください)。サンデープロジェクトによく出演し紳助とも交流があった財部は紳助のようないい人がこれで消えてしまうにはあまりにもったいないと弁護し、ナインティナインの岡村は29日未明、ニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」で紳助擁護論を語ったりしている。だが、今度の事件を考えると、格下の芸能人に対して同様のトラブルがあった可能性はある。しかも紳助の場合は、特に女性相手がほとんど。封印された話も多いのだろう。

 一部の噂では、今度の勝谷誠彦のマネージャーは吉本の重役に収まった元○っていいともの名物プロデューサー(紳助もよく知る人物)の娘か知人という話で、そうしたことから、紳助が語るように、吉本の上司のことを呼び捨てにしたのだろう。だとすれば、紳助はそんな背後関係は知らないで、マネージャーをやっている格下相手の人間と思って、一発ボコってやろうと思ったに違いない。ところが、締めてみたら、警察に通報するし、ついでに、自分のやったことが吉本の重役の顔をつぶしたことが判明し、さすがにこれまでのように要領よくいかないのではないか、ということを思い知るに至る。演技も入っているかもしれないが、涙の会見は予想以上にやばいと紳助が実際に打ちのめされたことの現れと見ることもできる。松本紳助では、松本相手に人生の裏と表を面白おかしく語ってきたが、そうした話は今度の出来事では紳助の抜け目なさを示すことにしかならず、冷たい反応を生む要因ともなる。司会者として築いてきたこれまでの長い道のりが、実際に一挙に崩れ去っていくとしたら、今年の芸能界の大事件ならざるを得ないだろう。たけしのフライデー事件は男の生き様とも思えるが、女性に対する暴力という暗いイメージはかなり深刻である。

 司会者としての紳助の位置を考えると、今度の事件の影響の大きさがわかる。紳助は、ダウンタウン、みのもんた、タモリ、さんま、といったクラスのTV局お気に入りの司会者の一人だった。なんといっても、紳助の暴言司会ぶりは番組の柱だったので、代役を探すのは難しいところ。ダウンタウン世代とみのもんた世代の中間世代の一人が抜けてしまったのである。さんまと比較すると、ちょっと人情派なところもあるので、少し年配の層までカバーできるキャラだった。

 今晩は渦中の行列の出来る法律相談所を生で放送し、東野を急遽司会にしてしまい、桜金造にネタをやらせたりすることで、日テレはしのいだりしている(私としては、この紳助に対するあてつけのような番組展開は内容はいまいちでも面白い)。この対応からすると、ちょっと見限った可能性が大である。吉本興業という会社も、こうした事件については冷静な対応をすることも多い。ジャニーズの場合とは違って、首脳部は今回のトラブルとは無関係。10日の謹慎処分もTV局と視聴者の反応次第といったところなのだろう。10日の猶予を与えて、さらに重い処分を下すという余地を残しているのだ。

ちなみに、紳助の8つの主要出演番組

クイズ紳助くん』 (月)23:17~24:17 ABC
行列の出来る法律相談所』 (日)21:30~22:24 日テレ
開運!なんでも鑑定団』 (火)20:54~22:00 テレビ東京
世界バリバリ★バリュー』 (火)22:00~22:54 TBS
クイズ!ヘキサゴン』 (水)19:57~20:54 フジ
松本紳助』 (水)24:50~1:20 HTV
キスだけじゃイヤ』 (木)23:45~24:15 YTV
まさかのミステリー』 (金)20:00~20:54

といった具合になってます。とても全部はフォローしてませんが、本当にいろいろと出ています。サンデープロジェクトは辞めてしまっていたが、あそこで司会を続けていたら、田原がインタビューなんてことになっていたかもしれない。

追記:
そろそろ女性誌による紳助攻撃が始まった。
弱い相手に対する暴力だけにかなり厳しい。

紳助の暴行事件に関連した話が★てれびまにあで紹介されてました。マネージャーを使っていた勝谷誠彦に対する誹謗中傷があったらしい。
[PR]
        by kaursh | 2004-11-01 01:04 | TV
米長東京都教育委員の不敬な行為
朝日新聞などによると、棋士を引退して、ちゃっかりと東京都の教育委員になっている米長邦雄が、天皇に対して驚くべき失言をしたようだ。園遊会で自分の前に来た天皇に対して「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と発言。これに対して、「やはり、強制になるということではないことが望ましい」と即座に答えられた。せっかくの園遊会が台無しである。

 新聞では、天皇が国旗国歌問題についてめずらしい発言だと取り上げているが、むしろ天皇に向かって米長がそんな発言をしたこと自体のほうが常軌を逸しているとしかおもえない。天皇に対して、私は天皇制維持のためにがんばっております、とか、馬鹿なやつらに私は国旗掲揚と国歌斉唱を強制して、日々がんばっております、とか、右翼活動に専念しております、とかいう発言をする心境がよくわからない。瞬時の返答であったとはいえ、あれぐらいしか答えようがない。素直な感想、かなりムッとしたんだろうなあ、と思う。常識人であるなら、多くのスポーツ選手のように、自分の近況を語って、天皇に会えたことを感謝すればいい。だが、米長邦雄は天皇に対しても自分の活動を自慢したかったのだろう。まったくのお笑いである。将棋界を引退して、教育活動に専念してます、とか言えばいいのに。謙虚さが感じられない。

 米長の自慢げな国旗国歌強制活動の吐露のひどいところは、その内容だけではなく、国旗国歌問題について、天皇に対して個人的な意見に発言させるようなことをしていることだ。将棋界の年配層の代表者として、陰湿なセクハラで話題の中原誠などと共に、恥ずかしい限り。それにしても、東京都の教育委員として園遊会参加ということなのだろうが、これは国旗国歌問題で強硬な石原慎太郎の意向ということなのだろうか(彼も園遊会に行ったら、「靖国行ってください」なんて言いそうである)。それとも、東京都教育委員会が米長を使って天皇に発言を求めたという事なのだろうか。やっぱり、これはさすがに米長邦雄の個人的な失言ということなのだろうか。。いずれにしても、米長邦雄東京都教育委員会、石原都知事に対して、米原発言の意図を確かめたいところ。こういう人物が東京都教育委員を務めていることが不快である。「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させる」なんて仕事をする以前に、今回のできごとについて謝罪すべきではないだろうか。東京の教職員に対していろいろと制裁をしているぐらいなのだから、天皇に対する不敬行為をおかしてしまった以上、教育委員をいさぎよく辞任するのが当然。でなければ、教育委員会のほうで首を切るべきだろう。
[PR]
        by kaursh | 2004-10-29 08:31 | TV
イラク人質・不明母子救出・紳介暴行
a0024788_21414076.jpg現在、新潟中越大地震の不明母子救出報道をやっていて、長男と母親の二人が救出され、レスキュー隊の活動が小康状態に入ったところ。様子がよくわからないが、救出活動が続けられなくなったのかもしれない。残された長女の状況が気になるところ。発見現場に姿がないらしい。暗視カメラのシリウスを使って長女を探す為に、隊員や照明をとおざけているところ。とにかく、この報道がトップだろう。相次ぐ地震の悲劇の中で、唯一救われる出来事。(追記:その後の報道で、母親は遺体で収容されていたことが明らかになる。長女も絶望的。)

地震報道が続く中で、ほとんどの重要なニュースも普通ならもっと取り上げられてもいいものだが、流されていってしまう可能性がある。

a0024788_21143554.jpg 今朝はイラク人質事件報道。人質は香田証生(24)。彼はアンマンのクリフ・ホテル(高遠と郡山が会ったホテル)のマネージャー、ホメイディ氏や映画監督の四ノ宮浩さんなど多くの人々から入国しないように説得されたが、それを拒否して、「1週間ぐらいイラクに滞在したい。ホテルが高ければ外で寝る」と語り、19日ヨルダンのアンマンからイラクに向かい、サマワに二到着した模様。その後、ザルカウィ氏のグループと思われる集団によって拘束され、人質となっている。前回の2件の邦人5人の場合には、かなり現地について精通していたため、不可抗力の側面が多いと思われるが、今回の事件は、これまでの報道では、あまりにも無謀な行動が原因と考えられる。外相はアルジャジーラで犯人グループに解放するように求めた。報道については例えば読売の記事がある。

追記:11月5日
香田証生殺害事件の本当の問題は、ザルカヴィのグループによって彼の殺害映像が世界に流れるということだった。法務省は2chに対して香田さんに対する誹謗中傷、殺害映像のリンクをやめるように要請し、2ch側もこの要請にしたがった。だが、そうした予防策も今回の場合には遅く、多くの人々が殺害映像をすでに見てしまっている。こうした衝撃映像の多くはTV局などはもちろんすぐに入手しているので、現在ではある程度まで客観的な見方をすることもできる。2chでの反応は(もちろん一部にはそれを冷やかすような発言も見られるが)おおむね日本人殺害の映像には不快感を示すという結果になっている。特に、香田さんの行動自体が現代の若者に特有なものと感じられるだけに、これまでの外国人殺害とは違った反応となった。

山本通信によるとヤフオクにビデオが出品された模様。さすがに速攻で削除。


a0024788_21225485.jpgもう一つの気になる事件は、島田紳助の暴行事件。新聞報道はとりあえずサンスポ。二日前の25日午後、関西の番組「クイズ!紳助くん」を収録する前に、島田紳助が吉本興業の女性社員(40)と口論の末、女性を殴るなどした。女性は警察へ通報。このとき、番組の収録中で、女性社員は勝谷誠彦のマネージャーでもあるらしい。勝谷(西原理恵子のマンガのキャラ「ほもかっちゃん」)が(他の?)番組出演中に事件が起こったらしい。朝の10chの番組「やじうまプラス」で、勝谷と共にもう一人の女性出演者もその近くにいたと発言していた。そのほかの報道が凄いので注目されないですみそうだが、出演自粛などそれなりの制裁を受ける事になるだろう。それにしても、勝谷誠彦はイラクの橋田さん殺害事件とも関連していたし、今度は島田紳助の暴行事件。なんとも忙しい人である。

追記:紳助(偽装?)涙会見と女性マネージャー画像は、KNOY NEWSを見てください。
[PR]
        by kaursh | 2004-10-27 17:20 | TV
神野紗希って、女子アナ?
a0024788_16495471.jpg たまになんとなく見ているBSの俳句王国。全国で俳句雑誌を主宰する著名な俳人をゲストに呼んで、それに一般の俳句愛好者が顔をそろえて、毎週土曜の昼前に句会をする番組だ。NHKのBSのよさは、たまに、Xゲームなるスケードボードのアメリカ大会を見たり、いろいろと知らない世界のものを覗き見るいい機会を与えてくれることにある。俳句王国について言えば、俳句という題材だけにやはり視聴者の多くは年配層であると思われる(さすがに短歌の方はまったく見てません)が、著名俳人が面白い人だと案外と楽しめる。それでも、以前はあまり関心が向かずにチャンネルを変えることが多かったが、最近は思わず見入ってしまうことが多い。

 というのも、男性司会者の板倉卓人といっしょに進行役を務めているちょっとかわいい女性である。アナウンサーだから、適当な俳句を作っているのだろうなと思っていると、今年になっていつからか、なんだか様子がおかしい。だいたい以前のパターンは一般の俳句愛好者で良い句を披露して見せて、著名な俳人が即妙な評を与えるというものだった。司会者は控えめに句会をプロデュースするのが普通だ。だが、この女性司会者は著名な俳人を唸らせてしまうスバラシイ句を連発しているのである。とても若そうな女性なのだが、他の参加者をおびやかすほどに、異常な存在感を発揮している。司会でありながら、限りなく主役に近い存在として感じてしまう。。

 NHK松山放送局によると、この女性は神野紗希(「かみの」ではなく、「こうのさき」さん)。いったいこいつは何者なのだ?という疑問がふつふつと湧いてきた。松山放送局のHPを見てみても、俳句王国の司会担当の一人が彼女というぐらいで、なんの説明もない。女子アナなのか、何なのかもよくわからない。……と、いよいよ見つけたのが、2002年の神奈川大学全国高校生俳句大賞記念講演会・授賞式である。そこで彼女は、最優秀賞の受賞者の一人として賞状を受け取っているのだ。当時、彼女は松山東高校3年。ということは、現在は21歳ということらしい。このときの俳句は次のもの。

    寂しいと言い私を蔦にせよ

なんか風格のある俳句って感じがします。この他、CARD DIARIOなる日記によると、2002年にもう一つの俳句甲子園でも優勝して、ダブル優勝という偉業を達成していたのである。俳句甲子園の俳句は次のもの。

    カンバスの余白八月十五日

 これまでも、短歌の俵万智や俳句の黛まどかといった女流詩人がいるが、ここには女子アナ?俳人がいたのである。

[PR]
        by kaursh | 2004-10-02 17:21 | TV
ラサール石井、ヨミウリ批判記事報道を妨害される
a0024788_1742818.jpg 恋のから騒ぎ出身の女子アナ、小林麻耶ぐらいにしか興味がなかった朝のニュース番組の「ウォッチ!」だったが、今朝のラサール石井のニュースコメントを見ていて驚かされた。彼は今朝の読売新聞に掲載された週刊文春の広告のことを話そうとしたのだが、突然話の途中で「あれ、どこにいったのかなあ」とフリップを探し始めた。そのまましばらく探していたが、「なくなっちゃったみたいなんで…これはコピーなんですが」と白黒の紙を取り上げた。

 ラサールの取り上げた週刊文春の記事は、読売巨人軍の桃井社長が楽天の三木谷社長に「ライブドア潰しを哀願」した、というものだ。ところが、週刊文春の広告が読売新聞に掲載されたとき、重要な部分が黒塗りされてしまったのだ。ラサールがTV画面に見せたのは読売の削除版広告。そのコピーは大西宏のマーケティング・エッセンスの記事に画像が出ているので、ぜひ見てほしい。(前回の記事では、オリックスが楽天に対してあおぞらカードを譲渡していたという話を取り上げておいたが、オリックスだけではなく、やはり読売側も楽天を使ってライブドア対策をしようとしていた、ということになる。)

 読売の削除広告について無理やりにコメントをした後に、「これじゃあ、週刊文春の宣伝になってしまうかもしれませんが、そんなつもりはありません。…いやあ、読むなっていうわけじゃなく、まあ、読んでいいんじゃないんですか」などというように、最終的に週刊文春の記事を薦めるような結末になっていた。

 朝のラサール石井の不審な行動は何なのだろうか?推定するところでは、素朴な見方はスタッフが間違ってどこかにやってしまったというもの。実際はもっと計画的なように思える。TBSの意向で、読売叩きの記事を報道しないようにラサール石井に指示が出たために、誰かが隠してしまったと見ることもできる。しかし、ラサールのわざとらしい言い方も気になる。ことの真相は、ラサール石井がそうした指示にもかかわらず、コピーを持参しておいて、無理やりに話をしてしまった、ということなのかもしれない。

 そういえば、ナベツネは先ほどの合併問題の際に、毎日新聞を読め、などという話をしていたことがあった。つながりの深いTBSと毎日新聞だけに、今回のこうした発言の背景が気になってくる。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-30 17:45 | TV
水泳の北島選手と金ゲットの瞬間の技
a0024788_8275969.jpg 競泳100m平泳ぎと競泳200m平泳ぎの二つの個人種目で、金をゲットした北島康介(東京都荒川区のヒーロー)。あのらんらんと光る眼をなんとも見入ってしまいます。特に優勝の場面はあたまにこびりついている人もいるはず。フィニッシュしてカメラ側に顔を向けてからしばらくして、自分が金を獲得したことを確認すると、あのガッツポーズをとる。この一連の流れを見て、(ちょっとヤバイと思いつつも)私は普通に何の疑問も感じなかった。感動的ではあるが、水泳にありがちな場面である。
 だが、優勝の瞬間には実は隠されたエピソードが眠っていた。(おそらく)24日の右上の写真のようなならびで、日本のメダルを獲得した水泳選手を集めてのインタビューで、某アナウンサーの質問が炸裂した。すぐに確認しなかったので、ソースがわからなくなってしまったが、そのアナウンサーはこう質問したのである。

 アナ:「北島さん、金を獲得してすぐにあのガッツポーズを出していますが、誰が一位なのかって、すぐわかりませんよね。北島さんは電光掲示板ですぐに見えるんですか?」

 北:「いやあ、ゴールしてもすぐわからないですね。僕には、電光掲示板も良く見えてないんです」

 アナ:「じゃあ、どうやって自分が一位だと確認したんです?」

 北:「とりあえず、右の方にいる日本の応援団の方を見たら、けっこう盛り上がっていたんで、これは金かもしれない、と思って、早めにポーズをとってたんです。例のガッツポーズを」

 アナ:「ということは、もし銀だったとしても、あのポーズをしてたってことですよね」

 北:「あ、はい。そーですね。間違いなくやってました」

 アナ:「銀でガッツポーズだったら、日本のファンは唖然としていたかもしれませんね」

 ……という話に周りの選手も爆笑。北島康介も早い所でポーズを決めないといい映像ができないと意識してのことだったらしい。

 ビデオで多分優勝した瞬間のシーンは繰り返し流れるのでぜひ確認して欲しい。北島はゴールしてから一瞬だけ、観客席の反応を見るために、視線を左の方に向けてます。眼がさまよった直後に、迷わずガッツポーズ。さすが、オリンピック常連選手である。金だけでなく、カメラ写りを考えての彼のパフォーマンス。なかなか笑わしてくれます。

[PR]
        by kaursh | 2004-08-26 08:50 | TV
金メダルをゲットした塚原直也に森末慎二が……
a0024788_17322474.jpg 体操28年ぶりの金メダルに喜びの声が上がっているが、森末慎二はことの状況を冷静に見ていた。TVの中継で、日本にいる森末がアテネにいる金メダルを受賞した男子体操選手全員におめでとうの声をかけていった。どの選手も快活な受け答えで、「いやあ、すばらしい演技でしたね」とか「本当に良かったねえ」と優しい声を選手にかけていったが、ただ一人、塚原直也に対してだけは「おう、どうしたの?」と突如声色が変わった。TVを見ていて、あれ、と思った。森末どうしたんだろう?だが、塚原の表情もなんかうつろである。さらに森末、「なんかうれしくなさそうじゃん」と突っ込みを入れている。周りの選手もなんだか苦笑い。「こういうときはさあ、喜ぶんだぞ」とか何とか言って、塚原に対してだけはある意味でひどい対応である。だが、塚原の方もぼんやりというか眼がどこを見ているのかわからない。そこにいたのは、無反応人間だった。森末も彼のことを良く知っているから、こんな感じなのだろうが、それにしてもアレである。

 塚原親子の美談が日テレやらヤフトピなどで出ているが、体操界における彼らの勢力はなんともすごいという噂がある。この二人のやり取りを見ていて、なんだかすごく興味を持ってしまった。

[PR]
        by kaursh | 2004-08-17 17:34 | TV
報道ステーションの渡辺恒雄(ナベツネ)特集
a0024788_16582819.jpg どうせなら、ダークな部分をもっと取り上げて欲しかったが、これはやはり無理なのだろう。三宅は、なべちゃんのことを根はいいところもあるが、誤解されやすい、と説明していた。そんな一面として、野鳥好きで庭やベランダにやってくる小鳥をカメラで撮影するのが趣味。メジロの写真が写ってました。自宅バードウォッチャーでした。

 塩田丸男が久々に現われて、読売の同期で、記者一年生だというのに怒鳴り散らしてばかりいて、社長になるのだと豪語してたので、バカな奴だと思った、と感想を漏らしていた。このコメントが今日の中ではなかなかのもの。同期にはどんな人がいるのか、知りたいもんです。(本田靖春はアメリカ駐在のときに渡辺にうなぎをご馳走になった、と魚住本には書いてあった……。)あとは奥さんの写真が何度も映されていた。確かに美人。映像面ではいろいろと見れないものを見た気がする。高峰秀子のファンで、最近は「渡る世間は鬼ばかり」が好きらしい。

 大谷のコメントはどうでもよかった。もう少し内容のあることを話して欲しいとこ。あとは沖浦という渡辺を東大紛争の中心から追い出した人物が顔を見せていた。今回の特集の前半部分は魚住昭の『渡邊恒雄:メディアと権力』のような流れ。開成から東京高校へ進学しそれから東大へ。特集としても、もう少し、独自の追求をして欲しかったものである。原発話や中曽根ラインなどはほぼ触れられず。

[PR]
        by kaursh | 2004-08-16 23:49 | TV
「サー!」の福原愛VSミャオ・ミャオ戦
a0024788_225621.jpg ようやく録画映像で、二人の試合を見ることができた。この試合、実力が均衡しているのか、なかなか面白かった。対戦相手は天津出身でオーストラリアに帰化した苗苗(Miao Miao)23歳(1981.1.14-)。彼女のビデオ映像がMiao Miao teaches Olympic table tennisというのにある。経歴についても英語のサイトですが、オーストラリア・オリンピック協会のMiao選手のBiographyがあります。少し読んでみると、13歳のときにポーランドに移って、いろいろと活躍。その後、1997年ごろにオーストラリアの方に移住。2000年ぐらいから国際大会で活躍し始める。現在、オーストラリアの卓球チャンピオン。

 最初は福原愛は緊張していたために、さえなかった。試合後のインタビューで、手が震えていて、水を持ったら水も震えてた、と答えていた。ミャオ・ミャオは静かに試合を進め、福原愛は調子が乗ってくると、「サー」と声を上げる。ミャオの技に当初は悩まされていたが、次第に感じがつかめてきたのか、次第にミャオを圧倒するようになった。(王子サーブはいまひとつ効果が薄かった感がある。)ミャオは余裕の表情を浮かべて試合を始めていたが、だんだんとこわばっていった。

 試合は最終セットまでもつれて、どうにか福原愛が4-3で勝利。ミャオもよかったが、一安心。

[PR]
        by kaursh | 2004-08-16 02:41 | TV
福原愛ちゃんの卓球実況って……あとサンプロのこと
a0024788_23341061.jpg TVのリモコンをいじっていたら、偶然、オリンピック番組で、卓球の福原愛が黄色っぽい相手選手と戦っている実況が始まった。向こう側が福原愛、手前が相手選手。点数を見ると負けている。そして二人のラリーが始まる。愛選手が相手の台の右側に決めたので、どうやら一方的な試合運びでもない。そうしたら、すぐにスタジオに移って、「この試合結果は後ほど詳しく……」などと言う。仕方なく、どこか実況はやっていないかと探してみたものの、どこも卓球の試合は放映していなかった。ま、地上波だから仕方ないが、今回の卓球はオリンピックのメインの試合の一つではなかったのか……?この取り上げ方からすると、大したことないのかもしれない。まあ、決勝とかのすごい重要な試合ではないのだろうが。

 ……ヤフトピで速報が入って、どうやらあの後に調子を取り戻して、試合に勝った、とのこと。それにしても、嫌なタイミングでの放送終了。オリンピックともなると、あとの番組の調整上、へたに時間延長なぞできないのだろう。

 そして、こんなことにかまけているうちに、渡辺オーナー辞任問題はきれいさっぱり忘れ去られてしまうのである。そういえば、サンプロで特集でもしてくれればいい、と思ってみていたが、田原総一朗の北朝鮮訪問特集をやっていて、そんな話はまったく触れられなかった。北朝鮮に行ってみたものの、なんか中身の薄い話になってしまっていて、かなり質の低いものになっていた。拉致被害者家族に田原が執拗に突っ込みを入れていて、むごいことに。残念。朝生で渡辺オーナー問題特集なってのも、まずやらないだろうなあ。。どうせなら、政治化とか、評論家とかを呼んでやって欲しいものだが。

[PR]
        by kaursh | 2004-08-15 23:43 | TV