トップ

ネット&読書探索の遍歴
by kaursh
<   2004年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
       
木村剛の駆込み寺
a0024788_21192159.jpg たまに見ていた木村剛のブログだった(私も以前にトラックバックをしたことがあります)が、この記事を見たときに、ふとブログというものがマスメディアの報道を2次的にチェックする機能として案外優れているものだということを実感した。ここで木村剛は最近の読売新聞の社説が選手批判をしたりしていることを、他人のブログ経由で知ったのだ、とそのブログを紹介している。

 個人で複数の新聞や雑誌やTVを網羅できないので、以前であったら、人を多数動員して、そうした有益な情報は集められたのであろう。そうしたことができるのは資金力のあるマスコミとかに限定されていたが、ブログの検索能力も向上してきたこともあって、一つのニュース情報であれば、その関連報道についての複数の読者の意見を通覧することができる。その中から、見落としていた話や新しい解釈の可能性を発見できれば、得る所は大きい。

 ブログ発信者にとっての一つの恐れは、個人が発信者となるために、将来的に、どこかから圧力がかかるのではないか、というものだろう。この場合、実名やほぼ実名の形で発表しているブログ発信者にとって、どんなツケがまわってくるのか、かなりの脅威である。匿名ブログの場合には新たな移転の可能性もあるが、それでも、強烈な攻撃を受けることになれば、個人としてそれに対応できるかは未知数である。また、ブログ提供元がどのような対応を取るかもわからない。

 木村剛が言っているのは、以上のような問題についてではない。ブログからの有益な発信情報がインターネット通信のはざまで消失していくのではないか、という危惧に対して、木村剛自身がすすんでそうした情報を取り上げることで、ブログからの情報により社会性を持たせるようにしよう、と提案している。

 ブログによる情報発信の可能性を模索すること。これはブログ発信者にとっても課題である。それにしても、木村剛の画像を持ってくると、「週間!木村剛」ブログって感じになってしまうのは何故だろうw

[PR]
        by kaursh | 2004-09-30 21:22 | ネット情報
ラサール石井、ヨミウリ批判記事報道を妨害される
a0024788_1742818.jpg 恋のから騒ぎ出身の女子アナ、小林麻耶ぐらいにしか興味がなかった朝のニュース番組の「ウォッチ!」だったが、今朝のラサール石井のニュースコメントを見ていて驚かされた。彼は今朝の読売新聞に掲載された週刊文春の広告のことを話そうとしたのだが、突然話の途中で「あれ、どこにいったのかなあ」とフリップを探し始めた。そのまましばらく探していたが、「なくなっちゃったみたいなんで…これはコピーなんですが」と白黒の紙を取り上げた。

 ラサールの取り上げた週刊文春の記事は、読売巨人軍の桃井社長が楽天の三木谷社長に「ライブドア潰しを哀願」した、というものだ。ところが、週刊文春の広告が読売新聞に掲載されたとき、重要な部分が黒塗りされてしまったのだ。ラサールがTV画面に見せたのは読売の削除版広告。そのコピーは大西宏のマーケティング・エッセンスの記事に画像が出ているので、ぜひ見てほしい。(前回の記事では、オリックスが楽天に対してあおぞらカードを譲渡していたという話を取り上げておいたが、オリックスだけではなく、やはり読売側も楽天を使ってライブドア対策をしようとしていた、ということになる。)

 読売の削除広告について無理やりにコメントをした後に、「これじゃあ、週刊文春の宣伝になってしまうかもしれませんが、そんなつもりはありません。…いやあ、読むなっていうわけじゃなく、まあ、読んでいいんじゃないんですか」などというように、最終的に週刊文春の記事を薦めるような結末になっていた。

 朝のラサール石井の不審な行動は何なのだろうか?推定するところでは、素朴な見方はスタッフが間違ってどこかにやってしまったというもの。実際はもっと計画的なように思える。TBSの意向で、読売叩きの記事を報道しないようにラサール石井に指示が出たために、誰かが隠してしまったと見ることもできる。しかし、ラサールのわざとらしい言い方も気になる。ことの真相は、ラサール石井がそうした指示にもかかわらず、コピーを持参しておいて、無理やりに話をしてしまった、ということなのかもしれない。

 そういえば、ナベツネは先ほどの合併問題の際に、毎日新聞を読め、などという話をしていたことがあった。つながりの深いTBSと毎日新聞だけに、今回のこうした発言の背景が気になってくる。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-30 17:45 | TV
ライブドアと楽天の仙台争奪戦の背景にあるもの
a0024788_30248.jpg これまでの合併問題は新たな争点はライブドアと楽天の仙台の球場問題へと移り変わった。だが、このような筋道はすでに、あるいは8月から検討されていたと思わざるを得ない。ということは一連の流れを見るとわかってくる。当初の報道では、6月末からライブドアが近鉄買収をしたいと表明して以来、プロ野球機構はライブドアの参入をかたくなに拒否してきた。そのために、ある記事によると、大阪から求めがあり、ライブドアは大阪を本拠にすることで、折り合いをつけることができないか、と打診をしたりしたが、プロ野球側はそのような考えを拒否してきた。

 なんとなーく、考えてしまうのは、ライブドアの競争相手が実はプロ野球側の当て馬であって、一応資金もありそうだから、参加表明をしてもらうことで、ライブドアがもし唯一の参入企業ということになった場合のことを考えて、とりあえず参戦してもらっちゃおう、という話なのではないか、ということである。だが、そんな面倒な話をうけるとしたら、無料(ただ)で引き受けるわけには行かない。それは当然。参入表明するだけでもリスクは高いし、もし具体的に新規の参入申請を実際に行うとしたら、やっぱし、それなりの見返りがなければ、とても話に乗れたものではない。

 今回、1リーグ制への移行が行われないとしたら、バッファローズの主力選手を球団に取り込み、さらに関西地区の唯一のパリーグ球団となることで、オリックスのメリットが一番大きいというのがもっぱさ囁かれている。

 ところで、とっても見てもらいたいHPがある。オリックスは球団合併問題がもめている最中に、オリックスのグループ企業の中の一社がおそらく偶然ではあるのだが、楽天に譲渡された。これは9月16日付けのお知らせである。最近の報道では、楽天に対する批判が繰り返されるようになっているが、楽天はあくまで企業であり、オリックスから「あおぞらカード」の譲渡を受けることで、おそらく十分なものを得ているのである。単純に損ばかりしているわけではなく、新規球団参入というリスクを犯すだけの代償は得ている。

 読売系の報知の記事によると、ダイエー球団の興行権が野球協約に違反する形で外資に売却されていた、ということである。ある程度、この時点で、あちら側もダイエー合併の目算が崩れてしまっていた。だとしたら、あとはちょっとだけ可能性のあるロッテの合併を一応打診してみて、ダメだったら1リーグ制はあきらめちゃおう、と流れがすでに変わっていた可能性、あるいは、1リーグ制がダメだった場合の布石を用意しておいた形跡があるのだ。

 渦中の仙台は、ベガルダ仙台のJ2降格もあって、嬉しい話ではあるが、とてもややこしいところに突如話が沸いてきた観がある。まあ、国内でも有数の革新知事の一人であるので、その手腕が見ものである。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-26 02:46 | スポーツ
合併問題の鍵となるダイエーの状況
a0024788_373380.jpg 球界再編は近頃報道されているダイエー再建問題と深く関連している。ナベツネの関心はプロ野球だけではなく、ダイエー買収を画策する外資にあるのかもしれない。だとすると、事態は本当に混迷の度を増すことになる。近鉄とオリックスの合併はオーナー会議で了承されたが、もう一つの合併と噂されていたロッテとダイエーの合併はすぐには実現できなくなった。というのも、読売系の報知が報道しているように、ドーム、ホテルの福岡2事業がアメリカ企業のコロニー・キャピタルに売却されていたためである。ダイエー球団はコロニーの傘下にあるわけではないが、球団の運営についてはコロニー側に通知する必要があり、30年間はダイエー球団が福岡ドームを使用していかなければならない、という契約を結んでいる。もしこの契約を違反した場合には、900億円の損害賠償が生じることになる。

 ナベツネはコロニーへのダイエー球団の興行権の(実質的)譲渡を4月の時点で問題にしていながら、なぜだか第二次合併交渉の段階になって、11球団から10球団へという1リーグ制への最後の一歩を進むことができないことに気づいたのだ。

 ダイエー球団は親会社のダイエーの傘下にあるが、そのダイエーの行く末についても、事件が勃発している。ダイエーを自主再建させようというダイエーの高木社長の意向に対して、主要3銀行と産業再生機構がダイエーをウォールマートに売却しようと画策している。ウォールマートは西友などを買収してきたが、より大きな販売店を獲得したがっている。ダイエーにとってこの対立が長引いてくると、ダイエー球団の今後もよけいに混沌としてくる。再生機構の担当相金子一義は「再生機構ホークス」はありえない、と明言している。どちらに転んでみても、球団売却の可能性は高いが、球団にとって大きな岐路となることは間違いない。

ダイエー自主再建派
 経済産業省およびその大臣中川昭一
 フェニックス・キャピタル

(外資への)ダイエー売却派
 UFJ銀行、三井住友銀行、みずほコーポレート
 産業再生機構、金子一義産業再生担当相

 ダイエーで買い物をすることで、少しは経営難の助けにはなるかもしれないが、莫大な負債の為に、もはや外部からの支援なしには復活できない状態に陥っている。ここでの対立はどういう決着がつくことになるのだろうか。プロ野球選手会のストと連動して、ダイエーの今後が見逃せない。。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-22 03:09 | スポーツ
ロッテ・西武・読売
a0024788_013996.jpg 読売のナベツネに対する批判が鎮火しつつある現在、新たな標的となっているのは球団オーナーの代表役を務めているロッテの瀬戸山隆三球団代表(50)。2chでは、結構批判が盛り上がっている。テレビで中継されてきた古田とのやり取りで、いつの間にかに顔を覚えてしまった。ロッテは西武に吸収されるのを拒否したことで、新たな球団合併を阻止したかに思われたが、当初ささやかれていたように、ロッテの意向はダイエー崩壊のシナリオに沿って、ダイエーとの合併をもくろむ事にあるのではないか、と噂されている。西武とロッテのトップ会談がしばらく前に不首尾に終わったが、実際には、ダイエー吸収のプランを模索していたのかもしれない。ダイエーは国の指導にしたがった銀行の支援策を断固として拒み、外資による支援を求めるなど、自主再建の道を模索している。このプランがうまくいくことを思わず願ってしまう。

 瀬戸山隆三について少し書いておくと、彼は昨年の11月までダイエーの球団代表を務めていたが、突如退団。この数年、ダイエー球団トップと対立しながらも、パ・リーグ理事長を務めていたように、野球機構側の仕事に意欲を燃やしていたらしい。今年の3月に川北智一に代わってロッテ球団代表に就任した。彼は今回の合併問題の背後で動いてきた人物の一人である。

 前回の記事で指摘したように、2リーグ制確立の背景には、毎日オリオンズが戦後に結成されたという問題があった。今回のリーグ制の改正と合併問題でも、毎日の後身であるロッテは逆の意味でその存在感を示している。そういう背景もあって、ロッテの瀬戸山が前面に出る事になったのだろう。記者会見の席では、新規球団の参入には半年ぐらいの日程では無理だと勝手に主張。記者から、野球協定では、実際には、30日以内に新規球団の審査を終えなければならないだろ、お前は協約違反だな、と詰め寄られるシーンもあった。他の記者からも拍手と皮肉な笑いがこだましていた。

 選手会を支持する人々は、読売の不買ロッテなど親企業関係の不買と、ダイエーでのお買い物というのが王道という事になるのだろう。そして、誰がストに反対しているのか、リストがほしいところ。阪神の岡田監督も選手批判をしていた。今回のストの原因は、巨人とオリックスである。だが、1リーグ制導入は、もともとは西武の堤義明の発案で、それをナベツネが推進。ダイエーを産業再生機構にいれるように要請したのも、と言われている。ZAKZAKの記事によると、それに、オリックスの宮内を含めたトリオが今回のゴタゴタの首謀者である。ハリーこと張本勲はスト批判を繰り返している。
 日ハムと中日はスト損害訴訟のつもりはない。

 残念ながら、古田号泣のシーンをすぽるとで見ることは出来なかった。小泉大泣きの方は余裕に見れたのだが・・・・・・。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-19 00:09 | スポーツ
セ・パ両リーグ誕生の歴史
a0024788_0533822.jpg では、どうしてセ・リーグとパ・リーグに日本のプロ野球は分裂したのだろうか?その理由について、これまでにこのブログで一部を紹介した佐野真一の『巨怪伝』に詳しい経緯が描かれている。

 現在はプロ野球のコミッショナーは。日本の最初のコミッショナーは正力松太郎。読売新聞の社長だったが、A級戦犯容疑で巣鴨拘置所に1947年まで入っていた。そして彼が最初に戦後に具体的に仕事を始めた一つが1949年の初のプロ野球コミッショナー就任。そして、2リーグ制導入を提唱したのである。

 2リーグ制の確立までには、多くの人々が一喜一憂することになった。というのも、正力は一度は2リーグ制を放棄したかに見せて、巨人、中日、太陽、阪神、阪急、南海、大映、東急という既存の球団の他に、複数の新たな球団の結成を促していた。その目玉が1950年の毎日新聞の球団である毎日オリオンズの結成だった。この当時、正力松太郎は読売新聞から追放されていたため、当時の読売の首脳部が正力松太郎と対立する関係にあったためだ。1リーグ制で読売と毎日の対立となれば、巨人軍のイメージの低下が予想されていた。だが、正力による読売に対する嫌がらせは長続きしないで、チームを2リーグに振り分けるという当初のプランを実現することになったのである。

 1949年11月26日、セ・リーグは巨人、中日、太陽、阪神、パ・リーグは阪急、南海、大映、東急というそれぞれ四球団でのリーグ結成だった。そして1950年には、新たに、セ・リーグには、広島、太陽、国鉄、西日本の四球団が参入して、なんと8球団になった。パ・リーグには、毎日、西鉄、近鉄の三球団が参入して、7球団になった。合計15チームという中途半端な数の球団が揃ったのである。毎日は正力松太郎の勧めでプロ野球参戦ということになったが、いざ球団が結成されてみると、不人気なパ・リーグに回されてしまった。当初は人気を集めていた阪神がパリーグに移る話が進められていたが、これも正力によって阻止されることになった。

 こうやって、歴史をひもといてみれば、日本のプロ野球界全体は読売系の一人の人物によって翻弄され続けてきたのである。しかし昔の2リーグ制への移行は少なくとも球界全体の発展を勢いづけることになった。これに比べて、現在の球団首脳部の人々の動きは、深刻な閉塞状況に置かれているとしか思えない。

 そんなことを考えると、中途半端な数なんてあまりに気にすることはない。どうせならば、11球団にするのか、13球団にするのか、という新たな選択肢を考えるべきなのかもしれない。

(写真はこの当時に巨人の移籍した別所毅彦。彼は南海に在籍していたが、家も購入できないことで、球団と対立。それを知った巨人が彼を引き抜くことになった。そのことで、南海と巨人が対立して、2リーグ制導入の時も、この問題が尾を引いていたため、南海はパリーグへ行くことになった。)

[PR]
        by kaursh | 2004-09-18 00:21 | スポーツ
スト突入と古田のサッカー批判?
a0024788_047387.jpg スト決行が今晩決まって、早速NHKの10時のニュースでインタビューを受けた古田会長はニュースキャスターのインタビューを受けて、「イレブンっていうのはなんだか嫌な数ですよね」と11という数のことを強く批判した。「だって、奇数でしょう。なんだか中途半端という感じですよ」と語気を強めた。近鉄とオリックスの合併で、12球団から11球団へ。確かにこの数はイレブンで試合をやるサッカーにとってはいい数字だが、Jリーグを対抗相手と考える野球からすれば、あまり良くない数字だ。

 とまあ、スト突入の話を見ながら思ったのだが、選手会の状況も先週よりはいくぶんいい状況になった。ライブドアが球団を持つ意志を固めて申請を行い、さらに、ライブドアとしてみればかなり脅威であるが、楽天がJリーグでヴィッセル神戸を運営してきた実績を背景に球界への参入を打診してきた。2つの会社が新規参入をしたいと表明したことで、合併で球団を少なくさせようとしている球団側に少し矛先が変わった感じだ。

 それにしても、選手会のストに対して批判的な人たちはおおよそ二つに分かれるように思える。第一に、単純に野球を愉しんでいる人たちの一部は合併問題なんかまったく眼中になくて、明日の予定が潰れることに不満げだ。合併なんかどうでもいいから、試合を見せろ、という意見。彼らは合併問題だけではなく、球団と選手会の存在について無知である。第二に、ストライキという言葉の響きに敏感に反応するタイプ。労働組合なんてくだらないから、選手会も同様。ストライキをするなんて、とにかくもっての他。
 だが、10時のニュースを見ていると、球場での応援は選手会に暖かかった。テレビ局や新聞の各社の報道はやはり合併問題でどちらの側につくのか、というそれぞれの会社の事情によって違ってくるところもある。そのあたりには注意すべきなのだろう。

 次のブログの記事で、セ・パ両リーグ誕生当時のことを書きます。。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-17 23:47 | スポーツ
スト権行使の懸念とオーナー会議の態度
a0024788_23411813.jpg 週末のパリーグの観客動員数が飛躍的に伸びた。「古田さんありがとう」という横断幕を見ても、試合開催してくれたこと=ストを回避したこと、を感謝しているのだから、スト権行使をした場合には、「古田さん、失望しました」ということになるのだろうか。スト突入の場合にはオーナー側と選手会の両方に責任があるのだが、合併問題でのゴタゴタに関心がない人々からすると、すべての責任が選手の側にあるかのようなことになってしまう。急先鋒のナベツネもオーナー辞任しているので、ファンを逆撫でするほどの発言を他のオーナーに期待することもできない。その一方で、選手会側の動きに賛同しているファンもいる11日の福岡ドームでは、合併反対の横断幕が長く伸びている。合併問題で深刻なチームと、その余波のストで試合中止となるチームとでは、ファンの態度もかなり違っているのだ。

a0024788_0163520.jpg オーナー会議の様子を見ていると、ロッテのオーナーは合併当然と言っていたし、他のオーナーも合併そのものをくつがえすつもりは毛頭ないようだ。そんな中で、日本経団連の奥田碩会長の発言が注目を集めている。しかも、読売と毎日では取り上げ方が違っている。ナベツネが先日賞賛していた毎日新聞では、日本経団連の奥田会長は外資の参入を容認しているが、国内の企業が新たに参入することには条件をつけるべきだ、ということになっている。読売新聞の方では、それに加えて、「ベンチャーで成功した人がプロ野球のオーナーになってもよい」とライブドアにエールを送っている言葉が紹介されている。

 古田を中心とする選手会は最初のストを回避してしまったが、観客動員数の伸びが彼らにとって深刻な踏み絵を用意することになった。オーナー会議との交渉の唯一の手段はストライキだが、それがきっかけで選手に対するバッシングがさらに強くなることが予想される。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-13 23:40 | スポーツ
数日前に北朝鮮大爆発
(注意:あとで確認した所、二つの画像は大爆発を写したものではないことが判明しました。)

ラジオの速報で、核爆発である事をアメリカが否定している報道を耳にした。中東地域での事件なのだろうかと思ったが、北朝鮮の北部の中国国境の近くの両江(リャンガン)道の金亨稷(キムヒョンジク=金正日の祖父の名前)郡、嶺底里(ヨンジョリ)付近で大爆発が起こったらしい。軍需工場も多数あるし、鉄道も通っているので、どこで爆発が起こったかの詳細は不明。下図がその爆発の衛星画像。(補足:画像2とは爆発の場所が異なっているので、オレンジの矢印の雲は爆発の物ではない。…この画像と爆発の関係については議論の余地があります。その左斜め下の白い雲がその位置に当たるようです。
a0024788_22425613.jpg
アルカイダやチェチェン独立派がそのうち核兵器の使用も考えられるので、もしかしてと思ったが、最悪の事態ではなかったことに安心する。9月9日の出来事だったらしい。連続波形画像 【24時間プレビュー】その日の地震計は爆発の振動を捉えていた。韓国政府高官はリョンチョン駅の爆発事故の三倍は大きい爆発だったとコメントしている。高英姫がパリで亡くなったということもあり、北朝鮮は後継者争いが再燃しているのではないか、と噂されていた。9月9日は北朝鮮の建国記念日。もしかすると、北朝鮮の政情不安が原因かもしれない。EuroNewsでは、現地の映像が掲載されているが、画像が小さくてよく見えない。
さらに、爆発がキノコ状になっている事を予感させる画像2。こういう画像が世界各地に起こらないことを願いたい。
a0024788_23135656.jpg
爆発の中心地から放射状に爆風が広がっている様子を見ることができる(真偽の程はわかりません)。この大きさからすると、日本政府からマスコミへと情報が広がっているのではないかと思うが、プロ野球のスト問題で紛糾していたので、取り上げられなかった可能性がある。サンデープロジェクトで取り上げていたら、田原総一朗も自慢ネタが増えたのに、残念である。

gooニュースによると、前回の列車事故では、国際的な支援を北朝鮮政府が求めたが、今回はそうした要請を行っていない。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-12 22:42 | 海外情報
タイトルのロゴ変更
 同じスキンを使ったブログも多いので、とりあえずトップ画面を変更してみました。写真画像の色調を変えて、抑えたトーンに。そこへ文字を組み込んで出来上がり。最初は次のように黄色っぽくなっていたんです。でも、画面上のバランスが今ひとつ。
a0024788_11293341.jpg
どうもしっくりこないので、薄い緑に変更。最初のスキンの初期設定では、グレーだったので落ち着いていましたが、少し軽い雰囲気になりました。自分の判断では、色合いはまあまあかと思います。
a0024788_1128526.jpg
今回のスキン変更は、ぽっとの陽だまり研究室の記事を参考にCSSとHTMLを修正してなんとか完成しました。こちらのブログはエキサイトブログのスキン変更の仕方を丁寧に教えてくれています。この他、しばらく前に、同じブログの記事を参考に、カレンダーの今日の日付の部分に背景色を設定。でも、薄い色なのでほとんど目に付かない程度です。こちらは色を変えるか、下に画像を張ろうかと思案中です。

 エキサイトブログの特徴は何と言っても、メチャメチャ軽いこと。他のブログサービスだと、結構重いものが多いようですが、さくさくと快調です。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-12 11:32