トップ
数日前に北朝鮮大爆発
(注意:あとで確認した所、二つの画像は大爆発を写したものではないことが判明しました。)

ラジオの速報で、核爆発である事をアメリカが否定している報道を耳にした。中東地域での事件なのだろうかと思ったが、北朝鮮の北部の中国国境の近くの両江(リャンガン)道の金亨稷(キムヒョンジク=金正日の祖父の名前)郡、嶺底里(ヨンジョリ)付近で大爆発が起こったらしい。軍需工場も多数あるし、鉄道も通っているので、どこで爆発が起こったかの詳細は不明。下図がその爆発の衛星画像。(補足:画像2とは爆発の場所が異なっているので、オレンジの矢印の雲は爆発の物ではない。…この画像と爆発の関係については議論の余地があります。その左斜め下の白い雲がその位置に当たるようです。
a0024788_22425613.jpg
アルカイダやチェチェン独立派がそのうち核兵器の使用も考えられるので、もしかしてと思ったが、最悪の事態ではなかったことに安心する。9月9日の出来事だったらしい。連続波形画像 【24時間プレビュー】その日の地震計は爆発の振動を捉えていた。韓国政府高官はリョンチョン駅の爆発事故の三倍は大きい爆発だったとコメントしている。高英姫がパリで亡くなったということもあり、北朝鮮は後継者争いが再燃しているのではないか、と噂されていた。9月9日は北朝鮮の建国記念日。もしかすると、北朝鮮の政情不安が原因かもしれない。EuroNewsでは、現地の映像が掲載されているが、画像が小さくてよく見えない。
さらに、爆発がキノコ状になっている事を予感させる画像2。こういう画像が世界各地に起こらないことを願いたい。
a0024788_23135656.jpg
爆発の中心地から放射状に爆風が広がっている様子を見ることができる(真偽の程はわかりません)。この大きさからすると、日本政府からマスコミへと情報が広がっているのではないかと思うが、プロ野球のスト問題で紛糾していたので、取り上げられなかった可能性がある。サンデープロジェクトで取り上げていたら、田原総一朗も自慢ネタが増えたのに、残念である。

gooニュースによると、前回の列車事故では、国際的な支援を北朝鮮政府が求めたが、今回はそうした要請を行っていない。

[PR]
        by kaursh | 2004-09-12 22:42 | 海外情報
<< スト権行使の懸念とオーナー会議の態度 タイトルのロゴ変更 >>