トップ
伊達公子が杉山戦を解説
a0024788_2477.jpg NHKで深夜にウィンブルドン女子テニスをやっていたのでついつい見てしまったが、初めて伊達の解説を聞き込んでしまった。子供にテニスを教えたりして、その後に結婚していたはず。そんなに、伊達には印象がなかったので先入観はないつもりだったのだが……。試合は杉山愛VSサナスガーン。杉山が結構失敗を繰り返してるのを見て、アナウンサーが「またやってしまいましたね」的なことを発言。伊達の返答は

    「いまのミスは気にすることないです」

なんなんだ。この返しは???試合内容とは無関係に、一方的に杉山愛を応援したいというのが伊達の戦略なのだろう。しかしそれでは解説する意味がないような気がする。珍解説といえば、ガンバレー、ナニヤッテンダヨ、テメー、とひたすら叫んで恐ろしかった覚えのある中田久美みたいなのもいるが、伊達は違う意味でやばいオーラを発していた。その後も相手の選手サナスガーンの絶妙なショットで活躍が続くのだが、負けていても

    「杉山さん、いい感じですね」

とひたすらいっていた。おいおい、とつっこみを入れたいところだが、完全に自分の世界に没入トランス状態。援護射撃の念を送っている感じだ。ずっとこんな解説が続くのかと思っていたが、それは間違いだった。杉山愛が危機を脱して連続ポイントを取って、やっと調子が上がってきた途端に、伊達の発言

    「これで安心しちゃいけないです。だめですよ」

結局、伊達公子は自分の試合のときにグルグルと考え続けてたことを解説でも勝手にその気になって語り続けているに違いない。伊達は自分がいいポイントを奪取したときには、「ダメダメ」なんて心の中でつぶやいていたのでは。思い起こしてみると、現役時代の伊達ってなんかピリピリしてて、神経が張り出してるようだった。有名選手だから赦されるんだろうが、なんか試合内容がよくわからなくなるほど、マッタリした時間だった。
[PR]
        by kaursh | 2004-06-29 02:48 | TV
<< マイケル・ムーアのカンヌ映画「... 竹本建治の『ウロボロスの偽書』 >>