トップ
「サー!」の福原愛VSミャオ・ミャオ戦
a0024788_225621.jpg ようやく録画映像で、二人の試合を見ることができた。この試合、実力が均衡しているのか、なかなか面白かった。対戦相手は天津出身でオーストラリアに帰化した苗苗(Miao Miao)23歳(1981.1.14-)。彼女のビデオ映像がMiao Miao teaches Olympic table tennisというのにある。経歴についても英語のサイトですが、オーストラリア・オリンピック協会のMiao選手のBiographyがあります。少し読んでみると、13歳のときにポーランドに移って、いろいろと活躍。その後、1997年ごろにオーストラリアの方に移住。2000年ぐらいから国際大会で活躍し始める。現在、オーストラリアの卓球チャンピオン。

 最初は福原愛は緊張していたために、さえなかった。試合後のインタビューで、手が震えていて、水を持ったら水も震えてた、と答えていた。ミャオ・ミャオは静かに試合を進め、福原愛は調子が乗ってくると、「サー」と声を上げる。ミャオの技に当初は悩まされていたが、次第に感じがつかめてきたのか、次第にミャオを圧倒するようになった。(王子サーブはいまひとつ効果が薄かった感がある。)ミャオは余裕の表情を浮かべて試合を始めていたが、だんだんとこわばっていった。

 試合は最終セットまでもつれて、どうにか福原愛が4-3で勝利。ミャオもよかったが、一安心。

[PR]
        by kaursh | 2004-08-16 02:41 | TV
<< 報道ステーションの渡辺恒雄(ナ... 福原愛ちゃんの卓球実況って……... >>